65歳まで働くなんてまっぴらごめん

YouTuberすやすやの公式ブログ

【youtuber】ゲーム実況者やライブ配信におすすめのスタンドマイク紹介。ノイズに強いものや高音質なものなど。ヘッドセットも少し

人気ゲーム実況者に人気のマイクをまとめてみました。

f:id:suyas:20181010003847p:plain

スタンドマイクとヘッドセット

マイクは大きく分けて2タイプあります。スタンドマイクとヘッドセットです。

スタンドマイクは、カラオケで使うようなマイクをスタンドに置いて使うもの(手で持っても使える)。

ヘッドセットは、ヘッドフォンとマイクが一体になったもの。それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。

スタンドマイクのメリット・デメリット

メリット

  • 好きなヘッドフォンやスピーカーが使える。
  • 装着感に悩む必要が無い。
  • 複数の人の声を入れやすい。

スタンドマイクは、好きなヘッドフォンやスピーカーが使えるのが大きな特徴です。

同じ価格のヘッドセットとヘッドフォンを比べた場合、ヘッドフォンの方が音質がいい場合が多いので、それがスタンドマイクの利点となります。

ただ、ゲーム実況の場合だと、撮影中にスピーカーから音を出すと、それをマイクが拾ってしまって、動画ではニ重にBGMが鳴っているなんてこともあるにで、撮影中はスピーカーの使用は難しいかも知れません。

 

また、ヘッドセットは長時間使用で耳が痛くなったりしますが、スタンドマイクはそれが無いのもいいです。

また、同じ部屋で複数人でゲーム実況などをする場合、マイク1本で済ませれるのも利点です。

 

デメリット 

  • マイクと口元の距離や角度に気をつける必要がある。
  • 使用時、マイクの置き場所が必要。
  • 周囲の雑音を拾いやすい。
  • スピーカーの場合ハウリングが起きる場合がある。

動画の中で声の小さい部分や大きい部分があると、視聴者にとって好ましくないです。

後から聞き取りづらい部分を編集するのも大変ですし、そこはヘッドセットに比べてデメリットと言えます。

また、テーブルに置く必要があるので、ゲーム実況の場合だと、「ゲーム画面とスタンドマイクの配置」が難しかったりします。(マイクに近づくとゲーム画面が近すぎるとか、無理な体制で話さないといけないとか)

かなり広めのテーブル(特に奥行き)が必要となります。

また、回りの音もよく拾うので、生放送の場合だと、選挙カーや救急車の音から住所バレなんてリスクも0では無いです。

 

ヘッドセットのメリット・デメリット

メリット

  • 動きながら喋っても、しっかり声が入る。
  • 場所を取らない。

ヘッドセットは、マイクと口元の距離が一定なので、体を動かしたりしても声をしっかり拾ってくれます。

体を動いてしまいがちな、ホラーゲームや顔出し配信などをする場合、視聴者が聞き取りやすいのが特徴です。

また、スタンドマイクに比べると、声量が小さめでもしっかり声を拾ってくれるので、声が小さい人やあまり大きな声を出せない環境にある人などに向いていると言えます。

使用する際も、マイクをテーブルにセットする必要が無いので、場所を取らないのがメリットです。

 

デメリット

  • ヘッドフォン部分の音質は、同価格帯のヘッドフォンと比べるとやや劣る。
  • 長時間使用すると耳やその周辺が痛くなりやすい。

ヘッドフォンの音質に関しては、同じ様な値段のヘッドフォンと比較した場合、劣る場合が多いです。

ボイスチャットやゲーム実況だけでなく、音楽鑑賞などにも使用したい場合は、少し物足りないかも知れません。

また、長時間使用すると、耳や頭が痛くなったり、疲労感が出てきたりします。

特にメガネをかけている人は耳付近への負担が多きくなります。

ゲーミングヘッドセット

ヘッドセットの中には、ゲーミングヘッドセットと呼ばれる物があります。

音質にこだわっていて、特にFPSやTPSなどのシューティングゲームをする際に、敵の足音や爆発音などが聞き取りやすいようにチューニングされています。

 

音楽鑑賞などにも使えなくは無いですが、原音を忠実に再現する製品では無いことは注意です。

コントローラー

ヘッドセットには、音量調節のためのコントローラーが付いているものもあります。生放送などの際は、突然家族が部屋に入って来た場合(通称:親フラ)などからの本名バレ対策にもなります。

<たかしー。ご飯よー!

 

指向性

PCマイクには主に「全指向性単一指向性」というものがあります。

これは音をどの方向から拾えるかを表しています。

全指向性(無指向性)は、360度どこからでも音を拾うことが出来まするタイプです。

複数人で録音したい場合は、全指向性のスタンドマイクを買いましょう。

 

単一指向性とは、一部の方向から音を拾うタイプのマイクです。

ノイズが入りにくいのが特徴で、ヘッドセットのマイクによく採用されています。

スタンドマイクの一部にも単一指向性のものがあります。(例:PCV80U ECM-PCV80U

 

どのマイクを買えばいい?

 まず、注意点として、PCマイクはパソコンとの相性によってかなり使用感が変わります。(特にオンボードサウンドとの相性)

そのため、Amazonレビューなどで「マイクの音が大きくて良かった」とか「マイクの音量が小さい」というのはアテにならない場合が多いです。

 

人気の無い内や、高音質の「歌ってみた」動画を投稿するので無ければ、最初は1000円くらいの安いマイクでも十分です。

機材にお金を駆けだすと止まらなくなります。特に音質に関しては、マイク以外にも「オーディオインターフェースサウンドカード」など、より音質をよくするための商品が沢山あります。

ある程度、人気が出てから音質にこだわり出しても遅くはないでしょう。

 

スタンドマイク

迷ったらこれ!「SONY ECM-PCV80U」

presented by:Amazon

  •   価格:約4000円
  • 接続方法:3.5mmステレオミニプラグ(USB Audio Box付き)

Amazonにてベストセラー1位の大人気商品です。

オーディオボックスが付属しているので、マイクノイズを軽減出来ます。

有名ゲーム実況者や配信者なども多く使用していて、StylishNoobさん・オパシさん・こみみさん・高田健志さんなども使用しています。

 

高性能USBコンデンサーマイク「Blue Microphones Yeti USBマイク」

presented by:Amazon

  •   価格:約17000円
  • 接続方法:USB2.0

マイクから直接USB2.0で接続出来るので、オーディオインターフェースを使用しないマイクの中ではトップレベルの音質が維持出来ます。

また、全指向性と単一指向性を切り替えれるので、1人収録と2人収録の両方使いに向いているのも特徴です。

KUNさん、もこうさんなどが使用しています。

 

超小型ピンマイク「ECM-PC60」

presented by:Amazon

  •   価格:約3000円
  • 接続方法:3.5mmステレオミニプラグ
  •  指向性:全指向性

スタンドマイクとしても使えるピンマイク。外配信やロケなどがしたyoutuberにもおすすめ。

ホルダークリップが付属しているので、スタンドを立てずに、ピンマイクとしても使えます。

 

ヘッドセット

DustelBox(ダステルボックス)も使用している「G633」

presented by:Amazon

PUBGプロプレイヤーのダステルボックスさんは、ロジクールのG633を使用。

G633の上位モデル「G933」

presented by:Amazon

こちらを使用している場合もあるようです。

 

子供のプレゼント用に「ステレオヘッドセット エンペラフックHDP」

presented by:Amazon

スプラトゥーンの世界で実在するギアをそのままヘッドセットにした商品。

値段は安いですが性能もそれなりです。子供は喜ぶと思います。